種類と歴史|クリニックで受けるフェイスリフト|気軽に出来るたるみ治療

クリニックで受けるフェイスリフト|気軽に出来るたるみ治療

女の人

種類と歴史

微笑む女の人

顔のリフトアップを行う美容整形のことをフェイスリフトと言います。しかしながら、フェイスリフトといってもいろいろな種類があります。メスを入れることによってリフトアップさせるものや糸を使って皮膚を上に引っ張り上げる方法などがあります。このようにいろいろなものがありますが、切ることによってリフトアップさせるものが人気があります。そもそもフェイスリフトとは、しわやたるみで悩んでいる人が受ける手術のことです。こうしたことを切ることによって実現するというものです。切る部位については、額のしわや頬やあごなどの部位が多いです。もちろん、顔全体はそれぞれつながっているため、単独の部位だけでなく複数の部位で手術を受けるのも効果的です。

フェイスリフトの歴史を振り返ってみると、フェイスリフトとはもともとは余分な皮膚を切除するために行われる手術を指していました。そうした経緯の後に、今のフェイスリフトのように皮膚だけでなくたるみなどを上に引っ張り上げる手術に変わっていきました。つまり、シワ取り手術からたるみ取り手術に返還していったというわけです。さらに、近年では切る手術ではなく高周波やレーザーを使った方法も登場してきています。これは、やはり切るということ自体が皮膚や肌に大きなダメージを与えかねないので、間接的に治療することがもとめられるのです。リスクも非常に少ないです。こうしたことからダウンタイムが短いことも求められるようになり、どんどん改良されています。